放置すれば被害が拡大する

タヌキに似ている

害獣被害は地域によっては増加しています。
多くの害獣被害の中でもネズミの被害は深刻です。
一般の家に侵入してくるネズミの種類は殆どがクマネズミです。
ドブネズミよりも小さく、かなり警戒心が強いのが特徴です。
最初は人の気配を察して姿を現しませんが、慣れてくると人前でも堂々と目の前を横切るようになります。
台所周辺の食べ物が移動したり、黒い粒状の糞を見つけたら侵入されています。
まずは台所とそれ以外の場所の食べ物の管理を徹底的にします。
更に侵入経路の発見です。
糞が多く落ちている場所を手がかりにネズミが空けた穴を見つける事が必要です。
穴の周囲は独特の悪臭がするので運良く見つける事もできます。
ネズミはダニやサルモネラ菌を媒介する不潔な害獣です。
駆除する事が困難な場合は専門の駆除業者への相談が必要です。
そして被害をもたらす害獣の一つにハクビシンがいます。
ハクビシンはジャコウネコ科の動物でネズミを追う習性もあります。
ハクビシンが屋根裏に侵入すると大量の糞尿被害により住宅に大きなダメージを与えます。
天井や壁が変色し始めて気が付く人もいます。
素人が駆除するにはかなり困難な害獣です。
害獣被害の状況は自治体の対応により差があり、広範囲での対応をしなければ今後増加の一途を辿ると予想されます。
発見次第に業者へ連絡する事が必要です。
害獣駆除の専門業者へ依頼すれば素早く対応してくれます。
ネズミなら粘着シートを必要数設置した上で侵入口を塞いでくれます。
ハクビシンなら忌避剤で追い出した上で侵入口を塞ぎます。
駆除後は破損した部分を修理して清掃、消毒を行います。
これら一連の作業は被害の程度により費用に差があります。
駆除業者へ依頼する場合は出来るだけ多くの業者から見積もりを出して貰う必要があります。
広告では格安で表示されていても追加料金が高額な場合もあります。
電話だけで決めてしまわずに慎重に交渉した上での契約をした方が無難です。

オススメリンク

立って食べる

プロの駆除サービス

大手のネズミやハクビシンなどの害獣や害虫駆除などのサービスを…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年2月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  
    死んでしまったネズミ

    具体的な対処法

    ネズミは飲食店などの厨房に出てくると大変迷惑します...

    Readmore
    立って食べる

    プロの駆除サービス

    大手のネズミやハクビシンなどの害獣や害虫駆除などの...

    Readmore